債務整理しても携帯・スマホを持つことはできる?

債務整理は今抱えている借金問題を前向きに解決するための法的な手段ですが、本来であれば全額返済しなければいけない債務を免責にしてもらうわけなので、それなりのペナルティも受けることになります。

債務整理をするとブラックリストに載ってしまうことは広く知られていますが、携帯電話・スマホを今まで通り使い続けることはできるのでしょうか?新規契約、スマホの分割払いはできるのでしょうか?

ここでは債務整理を検討する際に知っておきたい携帯電話・スマホとのつながりや、債務整理による影響などをご紹介します。


もくじ

債務整理をすると携帯電話・スマホが使えなくなるの?

債務整理をすると携帯電話が使えなくなると言われることがありますが、一切使えなくなるのかというとそんなことはありません。

ただし、債務整理をすると「スマホ本体の分割払い」はできなくなってしまいます。

なぜ債務整理が携帯電話・スマホの利用に関係してくるのか、その仕組みを解説します。

債務整理と携帯電話の関係

まずは多くの人が気になっている債務整理とブラックリストの関係について見ていきましょう。

債務整理をするとブラックリストに載る

債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類あるのですが、どの方法で債務整理を行なっても一定期間ブラックリストに登録されることになります。

厳密にはブラックリストという一覧やデータベースがあるわけではないのですが、信用情報機関に債務整理を行なったという記録(事故情報)が載ることをブラックリストと呼んでいます。

ブラックリストに載ると、新たに貸金業者や銀行からお金を借りたり、クレジットカードを作ることができなくなります。

貸金業者やクレジットカード会社は、審査の際に申込者の信用情報を必ず確認するのですが、その際に事故情報があると「この人は過去にお金のトラブルがあるから、返済に不安がある」と判断するんです。

そのため、ブラックリスト入りしている間はローンやクレジットカードの審査に通ることができなくなってしまうのです。

ブラックリストに載ると分割払いができない

ブラックリストに載ってしまうことのデメリットのひとつに、各種ローンや分割払いができなくなるということがあります。

債務整理は、本来ではれば全額返済しなければいけないお金を減額または全額免除する手続きです。

お金の使い方でトラブルになった場合の救済措置ではあるのですが、繰り返すことがないように一定期間はペナルティを受けることになるわけです。

クレジットカードはそもそも作れないので、クレジットカードによる分割払いもできませんし、お店が用意しているショッピングローンも審査に通ることはできません。

分割払いで購入できる方法がなくなってしまうことがスマホ本体の分割払いができなくなる理由なんです。

携帯料金を滞納すると「携帯ブラック」になる!

債務整理を行う原因が携帯電話料金の未払いである場合は、ブラックリストだけでなく「携帯ブラック」にも載ってしまうことになります。

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアだけでなく、格安SIMを提供しているMVNOでも、料金の未払いが続くと「TCA(電気通信事業者協会)」にその情報が共有されてしまいますが、この情報を「携帯ブラック」と呼んでいます。

例えばドコモの支払いが不能になって債務整理を行なった場合、この情報はソフトバンクでもauでもわかってしまいます。

そのため、MNPでの乗り換えも難しくなってしまい、最悪の場合はどのキャリアのスマホも持てないということになってしまいます。

スマホの利用料金でトラブルを起こしたら、今後スマホの利用が難しくなるのは当然とも言えますが、今や携帯電話はライフラインのひとつなので使えなくなること本当に困ります。

携帯電話料金の長期延滞はできるだけ避けたいところです。

債務整理をするとスマホ本体の分割払いはできなくなる

携帯電話・スマホ本体を携帯ショップで購入する場合は、お店(キャリア)が用意している分割払いの方法で購入することになります。

購入の際には審査が行われることになりますので、債務整理をしてブラックリストに載っている間はスマホ本体の分割払いによる購入はできないことになります。

しかし、携帯電話を持つことができないのかというと、そんなことはありません。

一括払いなら購入可能

債務整理をしても今持っているスマホ本体を使い続ける方法はあります。

※ただし、使えなくなってしまうパターンもあるので、後ほど解説します。

また、一括払いであれば新しくスマホを購入することも可能です。

スマホ本体の購入そのものはブラックリストとは関係なく、影響するのは分割払いの審査に関する部分なので、分割払いを使用しなければ購入すること自体は可能なんです。

▼債務整理すると「できること・できないこと」

すでに持っている携帯電話の継続利用 できる(※1)
携帯電話の新規契約 できる
携帯電話の分割購入 できない
携帯電話の一括購入 できる

※1)任意整理なら可能ですが、携帯料金の未納がある状態で「特定調停」・「個人再生」・「自己破産」を行うと使えなくなる可能性が高いです。

スマホの一括払いが厳しい時の対策はある?

「一括払いなら購入できると言われても、高くて買えないから分割払いで買いたいのに!」というのが本音だと思います。

しかし、ブラックリスト入りしている間は自分の名義でスマホを分割購入することはできません。

一括払いもできない、分割払いもできないとなると、どういう購入方法があるのでしょうか?

家族の名義で分割購入してもらう

お願いできるのであれば、家族の名義でスマホを分割購入してもらうのがスムーズです。

家族が契約しているスマホをもう1回線増やしてもらって、支払いは自分の口座から引き落としてもらいます。

ただし、家族名義にしてもらった場合は、支払いが遅れると家族に迷惑をかけることになりますので、絶対に延滞はしないようにしましょう。

格安スマホ・中古スマホを購入する

格安スマホなら1万円代でも新品で購入することができます。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアは利用できませんが、格安スマホでも十分に日常使いができますし、本体代金が安いだけでなく毎月の通信費も大幅に抑えられるので、利用料金の節約にもなりますよ。

また、中古スマホを購入するという方法もあります。

中古ならiPhoneなどの人気機種でも、型落ちであれば手にしやすい価格で販売されています。

ただし、中古スマホは買ってきてsimカードを差し替えるだけでは使えないこともあります。

慣れていない場合は、設定などがややこしく感じることもあるかもしれませんので、店員さんにしっかり確認して、対応可能な携帯電話・スマホを購入するようにしてください。

債務整理の影響が出ないケースは?

債務整理を行うと「携帯電話・スマホ本体の分割払い」ができないということを解説してきましたが、今持っているスマホへの影響はあるのでしょうか?

機種変更はできる?

機種変更は今使っている携帯キャリアの中で、携帯電話の機種を変えることです。

機種変更そのものは可能ですが、この場合もスマホ本体を分割払いでの機種変更はできません。

分割払いで機種変更する場合は、審査が行われて信用情報機関の情報が確認されることになるので、この審査に通ることができないんです。

スマホの機種変更を行う場合も一括払いで購入することになります。

契約の見直しはできる?

利用プランの変更など、契約内容を見直すことは可能です。

債務整理をした後は、もうお金を借りたり延滞したりしないように気をつける必要があります。

携帯電話の利用プランを見直すと、不要なアプリ契約、サービス契約などが見つかることがありますので、こまめに見直しを行って無駄がないように使っていきましょう。

他社への乗り換え(MNP)はできる?

債務整理を行なっていても、電話番号を変えずに他社の携帯電話に乗り換えるMNPもできますが、この場合も乗り換える携帯電話・スマホは分割払いで購入することはできませんので、一括払いとなってしまいます。

スマホを今まで通り使い続けたい!どの債務整理をすれば影響が少ない?

今使っているスマホをそのまま使い続けたいなら「任意整理」をおすすめします。

任意整理なら携帯電話を解約されてしまう可能性は低いですし、携帯電話会社を任意整理の対象から外しておけば、今まで通り使い続けることができます。

債務整理には4つの方法がありますが、どれを選んでも結果的にブラックリストに載ってしまいます。

これはどうにもならないことなのでブラックリストによる影響は避けることができませんが、少しでも影響を抑えたいなら「任意整理」を行うようにしましょう。

⇒任意整理とは?手続きの流れやメリット・デメリット

任意整理は唯一債権者を選べる債務整理

債務整理は返済に困っている債務を法的に減額・免責にする手続きですが、その中でも任意整理だけは債権者を選んで整理することができます。

例えば、自動車を手放したくない場合、自動車ローンを組んでいる債権者以外を任意整理すれば、毎月の返済負担を軽くしつつ自動車は手元に残すことができるわけです。

携帯電話・スマホの場合も同じで、携帯電話料金の未払いがある場合、この未払い以外の債務を任意整理すれば、携帯電話の契約はそのままで、返済負担を軽くすることができます。

この場合もブラックリストには記録されてしまうのですが、今使っているスマホを使い続けることには影響しません。

ただし、スマホ代金の支払いはそのまま続くということになるので、なるべく早めに返済をして、今後は延滞しないようにくれぐれも気をつける必要があります。

携帯電話本体、利用料金の債務整理はおすすめしません

以前よく見かけていた「実質0円」のスマホですが、現在は禁止となってしまいました。

スマホ本体代金も年々上がってきていて、数万円してしまうことも珍しくありません。

スマホ本体を分割払いで購入して返済が難しくなった場合は、債務整理を行うことも可能で、通信・通話の利用料金も、支払いが困難になった場合は債務整理をすることが可能です。

ただ、携帯電話に関係する債務整理はリスクも大きいのでおすすめしません。

携帯電話はライフラインのひとつなので、債務整理をしてもこれから先も使い続けることになります。

しかし携帯電話の料金を債務整理してしまうと、解約を余儀なくされる可能性が高いんです。

支払いを免除にしておきながら使い続けることができないのは当然のことです。

また、いずれは機種変更も必要ですし、他社乗り換えが必要になることもあるでしょう。

携帯電話料金の未納が原因で債務整理をすると携帯ブラックになることも確実なので、他社への乗り換えもできなくなってしまいます。

債務整理をすると借金の返済負担は減りますが、携帯電話の利用料金はカードローンなどの債務に比べるとそもそもの金額が低いので、携帯電話料金を債務整理したとしても大きな減額は望めません。

携帯電話料金の債務整理はハイリスクローリターンと言えるので、おすすめはできないことになります。

【まとめ】債務整理しても携帯・スマホは持てる!

債務整理行なっても、携帯電話・スマホを持ち続けることはできますし、新しく購入することもできます。
ただし、債務整理の影響がゼロというわけではないので、ここでまとめます。

債務整理をして携帯電話が持てなくなるケースとは?

携帯電話料金の未納がある状態で、「特定調停」「個人再生」「自己破産」をすると強制解約となってしまう可能性が高いです。

スマホを持ち続けたいなら、債務整理は「任意整理」を行うようにしましょう。

債務整理は「任意整理」を行おう

債務整理には4種類ありますが、特定調停・個人再生・自己破産の3種類は債権者を選ぶことができません。

そのため、携帯電話料金の未納がある場合は債務整理の対象となってしまい、強制解約が行われ持ち続けることができなくなります。

携帯電話を持ち続けたいなら、「任意整理」を行うようにしましょう。

どうしても任意整理以外の債務整理を行うなら、滞納分は全て支払いを行って未納がない状態にしておいてください。

携帯電話の利用料金に延滞がない状態で任意整理をするとどうなる?

今持っている携帯電話はそのまま使い続けることができ、任意整理の影響はありません。

携帯電話の利用料金も延滞している状態で任意整理をするとどうなる?

携帯電話会社を外して任意整理をすれば使い続けることができますが、この場合は、他の債務の任意整理には成功しても携帯電話の支払いが減ることはないので、今後も今までと同じ金額を返済していくことになります。

また、すでに延滞が発生している状態なら早めに支払いをしないと携帯電話が止められてしまいます。

債務整理をするとブラックリストになり分割払いができなくなる

どの債務整理を行ってもブラックリストに登録されるため、今後一定期間はスマホ・携帯電話本体の分割払いの購入ができなくなります。

任意整理の場合は5年間ブラックリスト入りするので、最長5年間は分割購入ができません。

ただし、スマホの購入そのものができないということではないので、iPhoneなどの高額なスマホでも一括払いなら購入可能です。

あくまでも、「分割払い」に制限がかかるだけなので、携帯電話を持つこと自体に制限がかかることはありません。

携帯電話・スマホ利用料金の債務整理はおすすめしない

携帯電話の分割払いが厳しい、通信料金が高くなってしまったなど、携帯電話に関する支払いが苦しくなることもあると思いますが、携帯電話に関する債務整理はあまりおすすめしません。

なぜなら、携帯電話は私たちの生活に必要なツールのひとつなので、債務整理によってペナルティを受けると、不便なことが多くなってしまうから。

携帯電話料金を債務整理してしまうと、解約を迫られる可能性が高いんです。

強制解約となってしまった情報は携帯ブラックとして共有されるので、他のキャリアに乗り換えることも厳しくなります。

また、任意整理をしたとしても携帯電話の支払いが大きく減額されることはまずありませんので、今後の返済負担が大幅に軽くなるということも期待できません。

基本的には携帯電話の利用料金は優先して支払って、他の借り入れや延滞分の任意整理を検討するようにしましょう。

PAGETOP